自然素材の注文住宅であなただけのお住まいを

自然素材であたたかい家づくり

注文住宅の床へのこだわり

注文住宅の床へのこだわり 注文住宅は至るところにこだわりを散りばめながら設計することができます。
どんなところにこだわる人が多いのかというと、ひとつに床素材が挙げられます。
よくあるのは無垢フローリングを導入するというものです。
一般的な住宅に用いられているのは合板フローリングですが、それと比較して無垢素材は自然の質感を楽しめるという良さがあります。
木の木目も無垢ならではのデザインで、独特の表情も楽しむことができるのです。
また、経年劣化によって味わいも出てきます。
建てた時とはまた違った色合いも生まれ、一緒に時を刻んできた証を堪能できます。
床暖房の導入も注文住宅を建てる時によく見られるこだわりです。
冬場の足元の冷たさに不満を覚える人は多く、新築ではそうした不便を解消したいという声も目立ちます。
足元だけでなく部屋全体の暖かさにも繋がり、住む人みんなの快適がもたらされます。
後からリフォームで導入をしようとするのは大変ですので、最初から入れてしまった方が簡単でしょう。

注文住宅で床板を決めることの重要性について

注文住宅で床板を決めることの重要性について 注文住宅を購入するときに決めることはたくさんありますが、その中の一つで床板の素材の課題があります。
フローリングは一般的でよく聞く内装の印象を決めますが、飛香に大切な建材の一つで、フローリング次第で部屋や家全体の印象までも変わります。
印象が良くなったり悪くなったりする可能性もあり、その理由として住宅にとっての床板の面積は基本的に広く壁の次に目につきやすいことから言えます。
壁は床よりも印象を左右すると言われていますが、壁は面積が広いこともありますが色を調節することが困難な場所でもあります。
一般的にいうと壁には白などの薄めの色で主張しすぎなく、飽きのこない色を持ってくるケースが多いです。
こうなると床に自然と目がいくようになり、床の素材によって印象が大きく変わるという原理になります。
床はもちろんのこと注文住宅では住みやすさを含めた総合的な判断でいうと、天然の木材を惜しげなく使っている無垢のものが良いと言われています。

新着情報

◎2019/7/24

壁へのこだわり
の情報を更新しました。

◎2019/5/23

注文住宅の屋根へのこだわり
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「住宅 床」
に関連するツイート
Twitter

帰宅したら家の中が暖かくて、さすが北海道の住宅、機密性が高い!と思ったら暖房がついていました💦

夜な夜な電気設備の確認のためリノベーションの現場へ。 照明器具はほとんど取り外されているのでランタン片手にいったのだけれども、案外街灯の光が入って来てたり、キッチンの台上やの間の照明は付いていて助かった^^ しかし安定感のある木造住宅で、いい大工さんが建てたんだろうなあ。

【税】平成29年4月に取得した面積250㎡である新築住宅に係る不動産取得税の課税標準の算定については、当該新築住宅の価格から1,200万円が控除される。(2012-24-2改題) →×[113]

Twitter宅建試験対策【一問一答】@takken_taisaku

返信 リツイート 昨日 21:13

滋賀県 犬上郡 暖房工事(キッチンリフォーム)温水式暖房/住宅 「Sさま、滋賀 犬上郡 暖房工事(キッチンリフォーム)温水式暖房/住宅」 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ameblo.jp/a-buraya/entry…

これ今日の深夜に描いたやつなんだけど絵チャの直線機能をすっかり忘れててはフリーハンドで描いちゃったんだよね…。欠陥住宅か!?ってくらいガッタガタになってるけど気にしないでください…。

Twitterたらこグラタン@hyfy_z

返信 リツイート 昨日 17:34

住宅の断熱・気密化」と「熱損失係数」② 建物を断熱化すれば屋根や外壁、等から逃げる熱は少なくなり、また気密化すれば開口部から逃げる熱は少なくなる。よって建物を断熱・気密化すれば熱損失係数は小さくなる。

Twitter( ◔ิ⊖◔ิ)環境工学bot@kankyoukougaku

返信 リツイート 昨日 16:13

「ブルースホーム小倉」の家「エレガントクールな輸入住宅」 ★オールドプロヴァンス ★構造・工法2x4 ★敷地面積197.32㎡(59.68坪) ★延面積137.76㎡(41.67坪) 広々とした20畳もあるリビング。2階には個室と共用のクローゼットを設置。#ブルースホーム小倉#輸入住宅#北すま#注文住宅 pic.twitter.com/LE5zcTs53G

住宅の断熱・気密化」と「熱損失係数」 住宅の断熱・気密化とは住宅の外壁等を断熱・気密化し建物の保温性を高めることである。熱損失係数とは屋根や外壁、等から逃げる熱と開口部から逃げる熱の合計を延べ面積で割ったものである。

Twitter( ◔ิ⊖◔ิ)環境工学bot@kankyoukougaku

返信 リツイート 昨日 15:43

アメブロを更新しました。 『太田市 自然素材の家 無垢の 次世代住宅エコポイント 令和の家づくり』 #次世代住宅ポイント #無垢の ameblo.jp/uni-house-eisa…

RT @axin_sh: 1911年築の江蘇旅社。外見は上海でよく見る古い集合住宅風。内部は細工が施されそのギャップに息を飲む。旅館はその後経営難になり、会社の職員住宅に。現在150世帯が住む。雑居と違法増築等で往時の装飾の多くが姿を消した。一階にほんの一部残るタイルを発見。…

Copyright (C) 2018 自然素材であたたかい家づくり. All Rights Reserved.